長岡実業から「フラクレット®シリーズ」新発売

長岡実業株式会社は、1804年に薬種天産物の問屋として創業。
以来、200余年にわたり「天然ハッカ」及び「薬用人參」を社業の中心として扱って参りましたが、このたび新たな事業展開として「フラクレット®」の事業を継承することになりました。

  • 1998年
    大日本住友製薬(旧大日本製薬)にて、覚醒動物での心拍・血圧の“ゆらぎ”解析ソフトとして「フラクレット®」誕生。
    医療機関などの研究・開発部門に幅広く導入。
  • 2011年4月
    日本光電が事業を継承し、開発・生産・販売・保守を実施。
  • 2013年12月
    長岡実業が事業を継承し、Windows®7 対応版を新発売。

フラクレット®とは?

循環動態パラメーター解析ツール「フラクレット®」にWindows®7対応版登場

  • 循環動態波形から体動、突発的な不整脈などの異常波形を自動認識。
  • 心電図P、Q、R、S、T波などのパラメーターを認識。
  • 非定常状態でのゆらぎを解析し、瞬時に自律神経系指標の変化を算出。
  • フラクレット®シリーズは、ヒト解析用(WT)と動物解析用(Jr2)の2種。

※詳しい内容は製品案内、または各種パンフレットをご覧下さい。

ページのトップへ戻る